読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴースト・イン・ザ・シェル

それほど面白くはないけど、ハリウッド映画としてはこの辺が限界かなという感じがします。

攻殻って漫画、映画、アニメ版いずれもストーリーはハリウッド映画としては難しいと思うんですよ。まず設定が説明不足で、そもそもの漫画が欄外の設定前提だし。あと特に押井守の映画版は感情移入を全否定するんですよね。

監督がマニア受けする大御所とかならそれでもいいんですけど、過去作はスノーホワイトだけということでそれも難しい。

結果として、いろんなことをかなりわかりやすく説明することになった。ベタな感じはするけど、原作の設定はちゃんと生かしているところはいいと思います。オープニングとかまさにそうですね。押井の映画版のオープニングとやってることは同じです。

シナリオも、原作の設定はうまく生かしたうえで、それなりに感情移入しやすいストーリーを作っている。これが攻殻らしいかと言われると違う感じもしますけど、いろんな制約条件の中で、できるだけ原作の設定を生かして頑張ってる感は理解できる。

"草薙素子"の生かし方はうまいと思いました。クゼは無理に使わなくてもオリジナルキャラでよかった気もしますが。

配役はスカーレット・ヨハンソンも、バトーさんもいいです。たけしについては活舌があまり良くないのが正直気になりました。あと製作が中国資本なのもあってか、日本語の名前の役が日本人でないのは仕方ないけど気になりました。それなら荒巻も英語話せるアジア系の俳優で良かったのでは。

問題は映像のセンスが、それっぽいものをつぎはぎした感しかないことですかね。ノワール的な部分は悪くないと思うので、巨大ホログラフ等の安っぽいサイバーパンク的な演出はもう少し抑えても良かったのではと思います。

ただあまり悪く言いたくないのは、リスペクトしたい感は凄く伝わってくるんですよね。犬とか。観終わって思ったことは、押井守の映画版見直したいでした。