読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるね姫

ひるね姫観てきた。攻殻SACの神山監督の新作です。
やりたいことはよくわかるけど、個人的には微妙な感じ
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

神山監督はだいたい10年以内の近未来のSF的設定がうまくて、その良さを生かしつつ、自分の娘が観ても楽しめるファミリー映画を作りたいということで、夢と現実を交錯する話にした。その点はいいと思います。家族の話としても良くできているとは思う。あとメカもいいです。

ただどうしても違和感があるのが、自動運転という技術そのものが、既にある程度実用化されているので面白味がなく、それに対するSF的な仕掛けも全くない点です。その割に現実部分の設定にかなり無理がある。夢部分は別にいいんですけど。

特にソフトウェア開発者から見ると、ソフトウェア周りの設定が雑ですよね。主人公の年齢から考えるとたぶん10年以上前のコードをめぐる話です。せめて3年くらい前ならまだ現実味あるけど。

タブレットは10年前のそのまま使ってるのかとか。コピーではなくオリジナルコードに価値があるとか言われてもよくわからないし。あと自動車は自動運転なんかなくても既にソフトウェアの塊ですよ。

まあこの映画はそういう映画ではないといえばそうなんでしょうが、それなら自動運転みたいなある程度めどのついた技術ではなく、もっと現実には難しそうな技術にしてくれたほうが、近未来SF的な期待をせずに割り切って観られたのではないかと思います。

ソフトウェアは魔法じゃねえんだよ。人間が設計したとおりに動くという意味で機械と何も変わらないんだよって話です。